ホーム > アメリカドラマ > フルハウス

フルハウス

フルハウスのDVDパッケージ 世界で最も有名なファミリードラマと言っても過言ではないでしょう。サンフランシスコ郊外にあるターナー家を舞台に、3人の男達が子育てに大奮闘する愛と笑いのホームコメディです。1987年から1995年まで放送されましたが、今でも世界各国で再放送が行われています。家族や友人の大切さ、愛の大切さなどを気づかせてくれる笑いあふれるストーリーになっています。

レビュー

日本でも度々再放送されているので、ご存じの方も多いかもしれませんね。もう20年以上前にスタートしたドラマであるにもかかわらず、今でも再放送されたり、DVDが販売されたりなど、絶大な人気を誇る作品です。

1話完結型のシットコムになっており、家族愛と笑いをたっぷり詰め込んだストーリーになっています。子ども達も主人公なので、さほど難しい単語が登場しなかったり、早口で話さなかったりすることから、英語・英会話の勉強にもよく使われています。

その他のおすすめ作品

みんなの口コミ・評判(全30件・ネタバレ有り)

●1●フルハウスは色々なアメリカのホームドラマの中でも、登場人物がみんな変人という感じで、お互いを変人扱いしていてそれがけんかしたり仲良くなったりというパターンだったと思います。

娘三人が可愛いのだが変人なところがまた小憎たらしい感じがドラマを単調で無いようにしていてよかったです。時々シリアスな問題も発生していましたが、ゆかいなメンバーでそれなりに解決しハッピーエンドのパターンもよかったです。セットもいかにもアメリカホームドラマらしい感じがしました。

●2●アメリカのドラマといえば、フルハウスですね。学校から帰って来て毎日のように見ていました。家族ならではの明るさ、分かりやすい笑い、涙あり笑いありで心温まるドラマでした。

それぞれのキャラクターが個性的で、またうまく生かされていて感情移入してしまいました。ちいさかったミシェルがどんどん大きくなっていき、家族の成長をリアルタイムで見ているかんじで、微笑ましかったです。

再放送になってもやはり好きで見たシリーズでも飽きずに見ていました。あの雰囲気のホームドラマは時代が経ってもいいものですね。

●3●NHK教育チャンネルで何度も再放送されていますが、同じ回を何度見ても笑えるホームコメディドラマです。母を亡くして、男3人と子供の家庭なのに、むさくるしい所が全くないのが素晴らしいです。

何年にも渡って撮影されているので、子供たち一人ひとりの成長や、家族が増えるなど、1年ごとの変化が楽しめます。親子の愛情に感動するシーンがところどころに入っているのも魅力です。

●4●周りの笑い声を吹き込んでの演出は、さすがにあれは、わざとらしい所があったと感じる海外ドラマでした。90年代特有のパーマの当て方や革ジャン姿は、時代を感じる雰囲気も一部ありましたが、基本的に家庭的な雰囲気もあったのでよく見ていました。

●5●このドラマは、コメディードラマです。ですが、とても感動できたりもします。ほとんどが1話完結の物語になっており、各話の最後には感動できる物語です。ほとんどが、家の中で物語が進んでいきます。とても長い作品なので、長く楽しめます。

●6●毎回ちびっこたちに振り回される大人達のドラマです。でもその振り回され方が楽しくあり、面白いドラマです。ときには大人もちびっ子達と同じく童心にかえりわんぱくをすることもあります。そのわんぱくさ加減に大爆笑できます。

ちびっこ達のココロが動揺すれば大人達もそれに同調したりもします。涙あり笑いありの楽しいファミリーコメディードラマです。

●7●小さい頃よく観ていて、おそらくアメリカンジョークというものに触れた最初の作品だと思います。セットからファッション、食べ物、ライフスタイル、様々なものが「アメリカってこんなにオシャレなんだ!」と憧れを持って観ていました。

最近になって改めて観た時は、また別の目線が生まれました。子供たちの可愛さがたまらなくて、お母さんがいなくても明るい毎日が『こんな家庭を築きたい』と幸せな気持ちにさせられましたした。

●8●毎回、楽しくてちょっとせつない時もある、これぞアメリカのファミリードラマといった代表作だと思います。子供たちは成長していき、その成長に伴って家族の問題も様々に変化してきます。その成長ぶりも見られるのも楽しいですし、ドタバタした楽しさもあるほっとする作品です。

●9●日本で放送されてから何年たつのでしょうか。私は現在28歳ですが、確か中学生のときにはすでに放送されていたと思いますが。フルハウスは、日本で一番知名度があるアメリカのコメディードラマではないでしょうか。

笑いあり、涙あり、家族の深い愛情が日本には無いストレートな言葉で表現されていて、毎回楽しみにしていました。赤ちゃんだったミシェルが年々かわいらしい少女に、他の登場人物の成長を見せていくという日本にはあまりない構成だったので、大人になった今でも繰り返しみたいドラマです。

●10●アメリカを代表するオーソドックスなホームコメディですが、登場人物の掛け合いがとても面白く見ている側も退屈することがありません、日本で放送されている吹き替え版の声優さんの声もとてもマッチしています、知らない方はぜひ一度見てほしいです。

●11●「フルハウス」とタイトルを聞いただけで、ファニー!楽しい番組です。とくに三姉妹がいいですね。たまに大人びたことを言ってみるけど、あどけなくて可愛かったです。他の出演者も愉快だけど愛があって大好きです。ユーモアの溢れるアメリカファミリーに憧れました。

●12●アメリカのコメディーの王道の様なドラマでは、ないでしょうか。とても面白いです。よく海外のコメディーが分からないという人もいますが、これなら笑えると思います。さらに、このドラマは、笑いだけでなく、感動もあります。

●13●アメリカのコメディードラマがどのようなものかがよくわかります。どちらかというと日本の昼のドラマに近いのでは、ないでしょうか。いくつかの決まったセット内ないで物語が進んでいきます。1話も三十分ほどとなっています。

●14●フルハウスの魅力はなんといっても、90年代のカラフルな映像です。内容もコメディータッチと思いきや、感動する部分もあったりとまさにホームドラマといったかんじです。

そんなに古いドラマではないため、こちら側としては親戚の気持ちになってみている感じで、出演者のその後などがつい気になってしまいます。

●15●再放送でよく見ていました。こんな仲良し家族いたらいいな、アメリカ格好良いな~ととても憧れていました。ジョーイおじさんは格好良いし、双子ちゃんはほんとにかわいかった。それが今や立派なレディ!時の流れははやいです。

●16●子供の頃、テレビの再放送でよく観ていました。たくさんのユニークなキャラクターや、子供たちの成長など、楽しい魅力の多いドラマですが、このドラマの根幹は「大切な人の死」という共通の悲しみで家族がつながっている部分だと思います。

生きてくことって結構悲しいことなんだけど、それでも我々は笑って生きてくべきだし、そうしていたいと思わせてくれるドラマです。

●17●母を失った家族が、支えあいながら絆を深めていく姿がユーモラスに描かれていて、おてんばな娘たち、その扱いに四苦八苦する大人たちが、日々の様々な問題を乗り越え成長していく様子はとてもハートウォーミングでした。時代を越えて共感を呼べる作品だと感じます。

●18●初期のエピソードではまだベビーベッドの中にいたミシェルが、いつのまにかヨチヨチ歩きを始めて、わがままで口達者な少女へと成長していく姿を見るのは、父親のダニーだけではなく、視聴者にとっても感慨深いものがあります。

●19●アメリカで暮らしていたときに見始めたのですが、すっかりはまってしまいました。ミッシェルのかわいらしさに参りました。単に楽しいだけではなく、わりとわかりやすい英語を使っているので、英語を勉強したいと思っている人にもお勧めです。

●20●何時観てもホンワカ暖かくて、3人の男性も其々に個性が有って素敵だし、3人の娘さんの成長も目を見張るものがあり、本当に楽しみに観て居ました。

若い時は一番好みの男性この人かなとか、音楽を遣ってる彼も素敵だなと思ったり、奥さんが居ないので、自分が奥さんになったらどんなだろうと想像したりしてウキウキして観ていました。本当の家族でも、この温かい雰囲気は出せないとめちゃ高評価です。又ビデオでも借りて観たいと思ってます。

●21●一言でいうと、「外国版のサザエさん」です。誰もが知っていて、見るとほのぼのして心があったかくなります。プラスアルファーあげるならば、フルハウスはなんといっても笑えることです。

人間味のあるストーリーの中に、涙あり笑いあり、ぎゅっと心が締め付けられるようなシーンもあり、自分の人生のいままでのワンシーンをふと思い出してしまうような、懐かしい気持ちになることも多々ありました。

家族を大切にすること、人を思いやること、現代人が忘れかけている、あたりまえのことがこの物語には息づいています。

●22●ずっと見ていた記憶があります。どんな話といわれると「家族の話」、ただそれだけなのですが、普通の家族の普通の日常がとても面白く描かれています。アシュリー姉妹がミシェル役で出演していたことは有名ですが、実はレオナルド・ディカプリオもでていたり!

私が一番好きなキャラクターはDJの友達のキミー。お隣さんというだけで、わがもの顔でファミリーの家に出入りするわ、口出すわで面白かったです。でもそんなキミーも受け入れちゃうファミリー。

後半はジェシーおじさんに双子の子供もうまれたり、ジェシーおじさんもアーティストとして成功して、日本にツアー来たり等、この家族がうらやましくてしょうがなかったです。

●23●日本でも大半の人が見てたんじゃないでしょうか。大人気ホームドラマ。毎週楽しく笑わせて貰っていました。一方で彼らをとりまく事情は、アメリカンなものから日本に通ずるものまであり、異文化理解という側面でも非常に有益な作品であると考えます。

●24●昔、小学生ぐらいのときに見ていました。大好きだったので夕方の放送時間が楽しみでした。面白くって個性的なキャラクターは今でもよく覚えています。今でも再放送などがあると、ついつい見てしまうくらい好きな作品です。

●25●子どもの頃から何度も見ていて、今になってもまた見たいドラマのひとつです。アメリカではきっと定番的な笑いだと思います。解りやすく面白い、子どもでも大爆笑して見ていました。そんな中でも家族の優しいエピソードがあったり、自分の子どもにも見てほしいドラマのひとつです。

●26●アメリカ留学する前に勉強用に何度も繰り返し見たドラマです。登場人物に子どもが多いので、難しい単語もあまり出てこないです。早口もあまりないので、勉強には最適です。

もうかなり昔のドラマなのに、今見ても普通に笑えるのが凄いです。日本でもNHKやケーブルテレビなどで何度も再放送されていて、たまに目にすることがあります。

一昨年初めて見たのですが、シーズン1を見終わってから驚きました。何に驚いたって、シーズン1では小さな赤ちゃんである双子のオルセン姉妹が自分と同い年だということです。

更に、彼女らの総資産が300億円以上あるということにも驚きました。あんなに可愛い赤ちゃんだったのに、まさかスーパーセレブになっているなんて…笑

●27●言わずと知れた大人気ドラマです。アットホームな雰囲気と内容にとても親近感がわきます。個人的に、セリフの言い回しやジェスチャーがアメリカらしくてたまらなく好きです。

また、「アメリカの家庭ってこんな感じなのかな?」とか、「アメリカにはこんなイベントがあるんだ」など、楽しみながらアメリカの文化を知る事も出来ます。何度観ても最高に面白くてハートフルなドラマです。

●28●私が小学校の頃、学校から帰宅すると毎日テレビで見ていました。あれから18年…いまでも別の映画やテレビ番組の声優さんの声が聞こえると「あ!おいたんの声だ!」と反応してしまいます。家族愛の詰まった作品はフルハウスが一番です。

●29●3人の娘の成長が楽しみです。ただ可愛いだけでなく非常に個性的でおかしな言動がこのコメディの見所です。しかし、このおかしさは本当に父親譲りだと思うほど父親もおかしな人です。とてもニュースキャスターだとは思えない落ち着きのなさです。

●30●このドラマは何度見ても飽きないです。再放送するたびに見てたので家族が呆れるほどハマりました。家族それぞれ衝突したとしても最後には皆笑顔になる所が大好きです。感動して何度も泣きました。声優さんたちの演技も凄くよくて、是非皆に見て欲しい作品です。

当サイトからのニュース
全ての作品のページに「その他のおすすめ作品」というコーナーを設けました。同じカテゴリーの作品や、同じ年代層がよく見ている作品などを15個箇条書きにして並べています。(2013年2月25日更新)