ホーム > アメリカドラマ > フレンズ

フレンズ

フレンズのDVDパッケージ 世界一有名なドラマと言っても過言ではないかもしれません。アメリカで1994年から2004年まで放送されたシットコムです。アメリカで人気が爆発すると日本でも1995年から放送が開始されました。6人のメインキャラクターによるコメディな演技は世界中で笑いを取りました。ほとんどのエピソードはニューヨークを舞台としています。英会話の勉強の教材としてもよく使われています。

レビュー

見る者を爆笑の渦に巻き込む全世界を代表するシットコムです。基本的には一話完結型のオムニバス形式なのですが、どのストーリーにも必ず大笑いできるシーンがあり、さすがはフレンズと思いました。6人のメインキャラクターたちによる掛け合いも非常に面白いものが多く、傑作です。

また、日常生活で使うナチュラルな英会話を使っているため、英語・英会話の勉強にも役に立ちます。どのキャラクターも訛りがなくキレイな英語を話すので、ほかのドラマよりも聞き取りやすいでしょう。教科書には載ってないけどネイティブがよく使う表現なんかも結構多いので、勉強にもオススメです。

その他のおすすめ作品

みんなの口コミ・評判(全11件・ネタバレ有り)

●1●フレンズ、懐かしいですね。シットコムって言葉を覚えたのも、このドラマからです。私はなぜかフィービーのファンでした。あの底抜けに面白い感じが、大好きでした。後、モニカの家の台所が本当にかわいらしくて、あんな部屋に住みたいってずっと思っていました。

あとでどこかで、あのキッチンのインテリアコーディネートをした人っていうののインタビューを読んだのも覚えています。

あのあと、ジョーイーっていう、ジョーイーだけが出ているシットコムもはじまって、ちらっと見たけど、やっぱりフレンズは、あの4人が集まってこそ、面白いって感じで、わりと期待外れでした。

●2●フレンズは、タイトルのごとく数人の男女の友達が繰り広げる、お笑いコメディードラマでしたが、明るい男女があれこれ笑いを取るので、アメリカ映画の中でも良質だと思い、ただ番組を普通に観る以外に、映画の勉強の一つの教材として字幕を英語に変換してみたりして英語にならしていった作品でした。

会話の英語は早そうには聞こえないのですが、英語の字幕に変換すると想像以上に早いので、ますます勉強になりました。

●3●レイチェルこと、ジェニファー・アニストンの髪型、流行しましたよね。レイチェルカットってちょっとレイアーが入ったボブ。かっこよかったです。真似しても、なかなかああいう自然な感じにはならなかったですけど。

フレンズのオープニングの曲も大好きでした。あのカウチにみんなで座るシーンが始まると、テレビの前でわくわくしていました。6人のキャストのその後も気になります。

●4●アメリカのシットコムを初めて見たのがこのシリーズです。それぞれにキャラクターの濃い6人の男女が繰り広げるストーリーが本当に面白いですよね。くっつきそうでなかなかくっつかないロスとレイチェルの恋の行方も気になるところです。

●5●フレンズはアットホームで、とても日常的な普通の毎日という設定の中で、プッと吹き出せる場面がたくさんあるので私のお気に入りのアメリカコメディー番組です。友達同士が一緒に生活するという設定は海外ならではという気がしますが、キャラクターの設定なども面白く世界中で人気なのも分かります。

●6●私が海外ドラマにハマったきっかけになったドラマです。 当時淋しい一人暮らしで、テレビの地上波はほとんど見ない生活をしていたので、このDVDを延々と繰り返し流しておりました。なんだか親しい仲間と一緒に生活している様な気分になれたものでした。今でも時々見返しては懐かしく感じております。

ついでにこのドラマの英語は、日常の会話が非常に分り易い表現で語られているので、英会話の勉強にもなりました!

●7●おちゃらけの友情コメディー番組でしたが、見た目とキャラ設定が良く、何気にテレビで放映していると観ていた番組でした。思ったよりロングランで、気付けば英語のリスニングに役に立つと判断して、DVDをレンタルして字幕を追いながらセリフまで頭に入った番組になりました。

●8●大技も小技も光るコメディーです。爆笑してしまうと同時に「そうきたか!」とつい唸ってしまいます。メインキャラ六人のしっちゃかめっちゃかぶりは見ものです。こんな楽しい同居生活ができたらきっと毎日ハッピー?いや、疲れるかな。

●9●私の中で海外ドラマナンバーワンの作品です。とにかく面白くて、どのストーリーも声を出しながら笑ってしまうこと間違い無しです。最初は英語の勉強用にシーズン1だけ購入したのですが、結局面白くて全部揃えてしまいました。

留学する前はフルハウスで勉強していたのですが、アメリカに渡った後は現地でフレンズのシリーズを揃えて勉強していました。メインキャラクター6人とも綺麗な発音で英語を話すので、比較的聞き取りやすいのも特徴です。

6人全員大好きなのですが、あえて1人挙げるとすればチャンドラーです。彼のツッコミ・ボケ・動作などどれを取っても最高でした。たまにでるシュールな自虐的発言も爆笑モノです。

シーズン1~10まで前編を通してコメディ調なのですが、どの話も独特なスパイスがきいていて、飽きることがありません。アメリカのコメディドラマを見たいならまずはフレンズですよ!

●10●個性的な登場人物のやり取りが面白く典型的なアメリカコメディドラマといった感じです。英語版で聞いて英語の聞き取りの練習に最適だといわれていて、いろんなところでこのフレンズのドラマの名前があがってきます。日常のやり取りなので日常の英会話といったところがいいのだと思います。

●11●フレンズは大好きでDVDを全巻もっています。ニューヨークに住む6人の友情をコメディータッチで描いてあり何度みても笑えます。また気楽に見れる所も気に入っていて、見終わった後にハッピーな気分になれます。

最終話では、みんなそれぞれの道をいき幸せになりそうですが個人的にはレイチェルとロスのその後が気になります。続編ができる事を期待します

当サイトからのニュース
全ての作品のページに「その他のおすすめ作品」というコーナーを設けました。同じカテゴリーの作品や、同じ年代層がよく見ている作品などを15個箇条書きにして並べています。(2013年2月25日更新)