ホーム > 映画 > バットマン

バットマン

バットマンのDVDパッケージ アメリカの同名のコミックを原作にした映画シリーズです。映画はどの作品もヒットを飛ばしています。なおキャラクター設定については歴史が長いこともあり、幾度か変更が行われています。

レビュー

アメリカのヒーローといえばバットマン!スーパーマンやスパイダーマンもいるけどやっぱりバットマンが好き、という方も多いのではないでしょうか。

臨場感あふれる映像の作りや、男子の憧れともいわれるバットマンカー、そして息もつかせぬ白熱したストーリー展開と、どれを取っても一級品です。宿敵であるジョーカーの強力な個性も魅力的で、この作品に更なる人気を加えています。

その他のおすすめ作品

みんなの口コミ・評判(全7件・ネタバレ有り)

●1●バットマンシリーズは色々ありますが、やっぱりダークナイトを見てしまってからは、他の印象がもう、ほとんどないです。笑 

強烈な映画でした。最初に見たのは、移動中の飛行機の上だったので、画面が近すぎて、本当に中盤くらいで、ダークナイト酔い状態になりました。きつかったです。あのジョーカーは最強です。この先の続編は、あってもそうとう工夫しないと無理なんじゃないかとすら思います。

●2●アメコミ原作の映画ですが、製作側の好みなのか、やたらと社会性とか人間心理の葛藤とか、重厚で難しい問題を必要以上に入れ込んで作る傾向があるようです。単なる浅薄なアメコミ原作の映画化作品ではないといいたいのでしょう。

それが成功していれば文句も無いのですが、現実には中途半端で面白みに欠ける内容になっている気がします。ただ高い評価をしている人もいるようですから、好みが分かれる仕上がりになっているのかもしれないと、ここは大人の対応で締めくくっておく事にしましょう。

●3●バットマンは今まで何本制作されているんだろう。今まであまり良いと思ったことがないんですが、ダークナイトこれはいいです。おちゃらけてなく真面目なバットマンって感じでしょうか。好きですね。ジョーカー役の俳優はあの後すぐ亡くなられたそうですが、残念です。

●4●バットマン、格好良いですね(直訳するとコウモリ男ですけど)。金持ちの道楽的な自警団だけど、両親の死をきっかけに自分の思う正義で悪と立ち向かう姿は素敵です。黒づくめで万能なバットマンカーやバイクも乗りたくなります。

ダークでコミカルにも見える奇妙な敵キャラクターや世界観も魅力的です。シリーズの中でも監督や作品によってテイストが違ってそれぞれ楽しめるのですが、最近の「ダークナイト」はシリアスで現実味が帯びた雰囲気がよかったです。

●5●ヒーローなのにダークな感じがたまりません。どこか悲しげな感じも今までのヒーロー像とも少し違いました。ゴッサム・シティやジョーカー、バットモービルなど魅力的な世界観がアメコミファンならずとも楽しめると思います。

●6●クリストファー・ノーランが監督しているシリーズが好きです。「ビギンズ」はともかく、「ダークナイト」が圧倒的な面白さでした。

反面こんな暗い画面で暗い話しが本当にアメリカでヒットしたのか?と疑いたくなるような展開でした。ようやくアメリカが失礼ながら成熟したのか、それとも、面白い!は、すべてを凌駕するのか興味深いですね。

●7●私が好きなのは、1989年公開の初回作です。バットマン役のマイケル・キートンは、正直(?)でしたが、ヒロイン役のキム・ベイシンガーの色っぽい事。その後のヒロイン役の誰よりも素敵です。

ジャック・ニコルソン演じるキレキャラの悪役は、本当に不気味です。彼を見るたびに、「トランプのジョーカーだ。」と思ってしまうほど脳裏に焼き付いてます。でも、「それをしのぐかも。」と思わされたのが、口裂けおじさんならぬヒース・レジャーです。

もうこの世にいないなんて信じられません。生きていたらきっと、ジャック・ニコルソンばりの渋い役者さんになるのは間違いなかったと思います。

当サイトからのニュース
全ての作品のページに「その他のおすすめ作品」というコーナーを設けました。同じカテゴリーの作品や、同じ年代層がよく見ている作品などを15個箇条書きにして並べています。(2013年2月25日更新)