ホーム > 韓国ドラマ > 宮廷女官チャングムの誓い

宮廷女官チャングムの誓い

宮廷女官チャングムの誓いのDVDパッケージ 2003年に韓国で放送された大人気ドラマです。放送開始から人気を集め、毎回のように視聴率が50%を超えるようになりました。日本でも翌年からNHKやBS-TBSで放送されています。台湾・香港・中国・フィリピンなどでも放送された人気作です。
平均視聴率:41.6%

レビュー

韓国で大ヒットを飛ばし、日本でも人気を博した作品です。日本でのDVD販売・レンタル共に韓国作品の中では上位に入るほどの好調ぶりでした。主人公が女性で仕事を題材に扱っていることから、日本でも働く女性を中心に人気が高かったと言われています。チャングムの頑張りを見て自分も頑張ろうと思える作品ですね。

その他のおすすめ作品

みんなの口コミ・評判(全36件・ネタバレ有り)

●1●宮廷女官チャングムの誓いは唯一はまった韓国ドラマです。チャングムのいじめられてもひたむきに生きる姿は、日本のおしんに通じるものがあり、人気が出た理由がわかるような気がしました。

韓国の宮廷料理や時代衣装なども興味深く見ることができ、日本に似ているところや、また全く違うところなど面白かったと思います。ひたむきゆえにやや強引なところもありましたが主人公なのであまり悪いようには描かれてはいませんでした。宮廷料理の重要性もうまく演出されていたと思います。

●2●主人公チャングムは、幼少の頃から、好奇心旺盛で、一生懸命で、何度も危ない状況に合いながらも、自分の信念を貫く強さと、人を思いやる優しい心を持った女性です。

どんな困難も乗り越え、明るく前向きに生きるチャングムの姿には、とても感動しました。特に、後半は、冷や冷やの連続でしたが、最後は愛する人と結ばれ、幸せになれて本当に良かったと思いました。

●3●素晴らしいとしか言いようのない内容です。韓国では、過去には医者は牛や鳥をさばくのと同じような身分だと聞いたことがあります。そんな偏見のある時代に、しかも陰謀渦巻く宮廷に、女性が立ち向かうのです。結構話は長かったのですが、続きが気になるので一気に見てしまいました。

王宮の食事を作る女官だったはずが、へき地に罪を問われて行く場面や、その道中で自分の信頼する女性上司が亡くなる場面では一緒になってハラハラしたり泣いたりしました。最後は好きな人と一緒になれ、しかも母にかかっていた疑いも晴れて、見ているほうもすっきりしました。

●4●16世紀初頭の朝鮮王朝を舞台に、母の遺志を継ぎ宮廷料理人の頂点を目指すチャングムの波乱の半生を描いた時代劇です。主人公のチャングム(イ・ヨンエ)のひたむきさに心うたれたドラマです。このドラマでイ・ヨンエさんのファンになり他の作品もみました!

●5●家族で夢中になって見たドラマです。私の父も、チャングムを演じるイ・ヨンエさんの聡明な魅力にやられてしまったようです。波乱万丈なストーリーとともに、ミン・ジョンホさんとの恋の行方にもドキドキしました。

●6●これはもう見たのは7,8年前になりますが、一番初めにハマッた韓国ドラマです。李氏朝鮮時代の奴婢に落とされた宮女の成功物語。女主人公、時代物。ストーリーに挿話される宮廷料理。主人公チャングムの脇を固めるおじさん、おばさんと先輩宮女の演技達者。重要な敵役のチェ尚宮の恐ろしいほどのあくどさ。

また主人公役のイ・ヨンエの正統派美人が揃ったので視聴率ナンバー1も当然だと思います。イ・ヨンエは吉永小百合(AQUOSの宣伝の女優)に似ていると思います。役の中ではトックおじさん役のイム・ヒョンシクがお気に入りです。トックおじさんのサイドストーリーを出して欲しいくらいです。

チャングムの子供時代の子役さんも可愛かったです。チャングムは韓国ドラマの中で、何度見ても面白いドラマだと思います。

●7●女優のイ・ヨンエが印象的でひたむきな生きかたで、出世していく様子が共感を多くの人に与えたと思います。初期は宮廷料理を担当するだけでしたが、健康は食におおいにかかわるところから医師にまでになる関連付けて物語がすすのが意外でした。

●8●友達に薦められて観た宮廷女官チャングムの誓い。みんな、凄く面白いと言っていたけど私はチャングムのドジっぷりにいらいら。

常に、絶え間なく自分や周りの人を巻き込んでピンチを招くドジや失敗をし続けているチャングムに、「もっとうまくやれよ!!」と心の中で叫び続けました。職場にあんな人いたらあたし嫌いだな、と正直思ってしまいました。

●9●このドラマには驚きました。何気なく見ていたシーンにも、後からちゃんと意味があることがわかるんです。ありとあらゆるシーンに伏線が張り巡らされ、登場人物の相関関係は複雑に絡み合っています。

出会うべき二人がなかなか出会わなかったり、ニアミスしたりするので、見ている方はドキドキしっぱなし。夢中で続きを求めてしまう良作です。

●10●ヒロインのチャングムが亡き母の遺言に従い、宮廷に入って女官として努力を重ねる物語です。仕事に打ち込む一人の女性の生き様を描くドラマであると同時に、彼女を常に支える格好良いヒーローとの恋愛ドラマでもあります。どちらのドラマを求める人にもおススメです。

●11●物語の面白さもさることながら、当時の韓国を知る歴史資料としても優秀な作品です。もちろんドラマとして様々な脚色はされていますが、宮廷の様子や歴史的事件、社会情勢を大まかに知る上での妨げにはなりません。物語を楽しみながら知識も身につく一石二鳥の作品です。

●12●最初は料理系時代劇かと思いきや、中盤で大きく様相を変え、あれよという間に医療系へ。当時の韓国を彷彿とさせる素晴らしいドラマです。倭と呼ばれていた頃の日本人も出てきたりして、歴史系ドラマが好きな人も十分に満足させてくれます。

●13●韓国のドラマ・映画ではじめからおわりまで視聴できたのは「宮廷女官チャングムの誓い」と「冬のソナタ」の2作品のみです。両者に共通して言えることは不幸に不幸をかぶせるからクドイという印象です。

両作品ともエンタメとしてはよくできていると思いますが、クドイ上に問題と解決のリズムがワンパターンすぎて繰り返し何度も見たいとは思いませんでした。

いくらか話題になっていたみたいなのでほかにも韓国の作品を何作か拝見しましたが、クドすぎて途中で視聴を断念してしまいました。一貫してワンパターンという印象です。

不幸のテンプレートで香港のカンフー映画や米国の連続ドラマのような韓国独自の路線を模索しているのかもしれませんが、どこかで見た漫画やドラマの劣化版のような感じで浅いと言うかチープという印象しか受けませんでした。

ただし、役者のひとの演技力は素晴らしいと思います。そういった意味でエンタメとしては手頃なのでしょうけれど、こういった土壌からは見るものに夢や希望を持たせられるような名作は生まれ得ないんだろうなと思いました。

●14●韓流ドラマで一番好きです。さわやかな主人公カップルで、ドロドロした恋愛ものが嫌なので、思わず応援したくなる二人がいいなと思いました。

好奇心旺盛でいつも頑張っているチャングム、美人で凛として素敵な師匠、才能豊かなライバル、楽しい養父母、みんな素敵なキャラクターたちで一度見るとはまってしまいます。

●15●宮廷女官チャングムの誓いは、韓国ドラマにありがちないじめられたりというシーンがありますが、お料理のシーンは観ていて面白いです。おいしそうだったり、食べてみたいと思えるシーンがたくさんあって、勉強になります。

●16●もう何度も放送になっているチャングムだが、その度に見てします。最初に見たときは、次が見たくて次が見たくて堪らなくて夢中で見ていたが、それでも見逃す事が多かったから、放送をしているとついつい見てしまう。

普通は結末が判っていると、2度も3度も見る事はないのだが、話が複雑で色々な場面が場面が入り組んでいるから、何度も楽しめたりします。視聴率が絶対なのも良く判ります。

地上波で見て、BSで見て今ではCSで見ています。私もカミサンも、完全にチャングムにノックダウンと言うところでしょう。

●17●韓国の宮廷のしくみをあまり知らないままに見始めましたが、何よりも、料理を作る過程がアップでうつるので、それを見るだけで、楽しかったです。何かあれば、知恵と工夫と勇敢な気持ちで乗り切っていけばいいんだ、と教えられたドラマでした。また、イ・ヨンエさんがとても綺麗♪

●18●チャングムの、医女としての活躍ぶりに、とても勇気がもてるドラマです。毎回毎回難問に挑むチャングムは、とても頼もしいです。治療の仕方に、生活に役立つヒントなどもあり、そういう視点から見てもとても楽しめて、ためになるドラマです。

●19●宮廷女官チャングムの誓いは、とても思い入れのある作品の1つです。この作品は何度か見ていますが、チャングムの執念も凄いですが、必ずどこかで笑える作品というか、脇役の人も光っていて、誰かが欠けたら、この作品はこんなに有名にならなかったんじゃないかと思うほどです。

韓国の時代劇を始めてみましたが、さくさく見れてしまい、凄く細かく描かれていて、次の話が気になって気になってしかたなかったです。何度見てもまた違った形で楽しめるドラマでした。

●20●朝鮮王朝時代の宮廷女官スポットを当てた作品です。主人公のチャングムが、見習いの女官から、成功をおさめるまでのサクセスストーリーですが、韓流ドラマだけあって、陰湿なイジメを受けつづけていたり、ありえないハプニングに見舞われていたりと、ハラハラドキドキの話です。

見どころは、本当に美味しそうな宮廷料理や、チャングムと宮廷役人とのほのかな恋愛模様でしょうか。韓国版美味しんぼ的な要素がオススメの理由です。

●21●チャングムに次々と訪れる試練や意地悪。見ているこちらが悔しい思いでいっぱいになりました。しかし、当のチャングムは果敢に立ち向かっていきます。悔しい思いが強ければ強いほど、チャングムが乗り越える姿に爽快感を感じました。

●22●話数が多く、登場人物の入れ替わりも激しいのですが、全く違和感がなく、1人1人が光ってます。悪役のチェ一族は本当に怖かったです。

美しいせいか、ぞっとするような怖さというか…チャングム役のイ・ヨンエさんは本当に酸素のような女性で、笑顔の裏にある芯の強さがまた凛々しくも見え、度重なる不幸もけちらしてくれる!って思えます。

本当に素晴らしい作品だったと思います。宮廷料理というものを初めて見ましたが、あんなにキレイで美味しそうな料理だったんだと、凄く興味を持ちました。いつか韓国へ行って見たいなぁと思います。

●23●実在したという主人公チャングムの波乱万丈の生涯が描かれている作品です。つくづく怖い時代だなと思うことも多いのですが(ちょっとした誤解や失敗ですぐに捕まってしまったり)大した設備もない時代に、こんなにも病気を治療することが出来たのかと、感心する部分も多かったです。

何よりも不屈の精神で思いを成し遂げたチャングムを尊敬します。

●24●韓流なんて絶対見ない!と思っていたのに…。友達がDVDを全部持っていて貸してもらいました。最初はあの不思議なアタマや変な衣装(韓国の由緒正しい正装)が気になって仕方なかったのですが、しばらくすると見慣れてくるし、そんなことどうでも良くなるくらいに、とにかく面白い!

歴史物でありながら、サスペンスあり(でも最初から視聴者にはネタバレしているのです)、ラブロマンスもあるし、しっかり笑えるし。そして料理のシーンはとっても素敵。

脚本書いたひと、頭良いなぁと感心してしまいます。DVD全巻揃っていたので、チャングム地獄にハマってしまいました。韓流初心者に超お薦めです☆

●25●韓流ドラマといえば、女性や若い世代の視聴者が多い中、男性視聴者も虜にしたドラマだと思います。

主人公チャングムの成長期をメインに、宮廷を舞台にした権力闘争など男好みの要素がストーリーに盛り込まれ飽きさせない内容になっています。また、主人公チャングムを演じるイ・ヨンエの時折みせるピュアな演技に心を癒されます。

●26●チャングムは料理人から医師になる成功物語で、比較的どのような文化や世界でも受け入れられやすいストーリーだと思います。似ているようで違う日本との文化の違いもよくわかります。食と健康を取り扱っているだけあって色々な食材と健康のエピソードがでてきて興味深く楽しめます。

●27●宮廷料理の対決だけかと思いきや、チャングムに関わる人達との複雑な人間関係や、陰謀本当に面白く目が話せないほどでした。前半、宮廷女官としてお料理対決での魅力的なチャングムが、爽やかさの中にも凛として素敵でした。

●28●このドラマは最初から最後までハラハラドキドキで目が離せません。一度は母の仇の策略によって宮廷を追われる身となってしまうのですが、その後からの復活劇が凄いです。

どの登場人物も魅力的なだけでなく、料理、医療と才能あふれるチャングムが失敗から学ぶ場面や、困難に立ち向かっていく努力と向上心に勇気をもらえる作品です。落ち込んだ時は、どんな状況に置かれてもあきらめないチャングムの姿やその努力が報われたシーンなどを見返しています。

●29●女官から第10代王ヨンサングンの当時珍しかった女性の主治医まで登り詰めたチャングム。歴史や権力闘争など韓国の文化がよくわかりたいへん面白かったです。出て来る料理も凄く豪華においしそうに見えるので韓国料理を食べにいきました。

全54話とかなり長いですが飽きることなくドラマに引き込まれていきます。現在イ・サンも観ています。チャングムで悪人がこちらで善人役、善人が悪人役になっていて少し混乱しますがこちらもおすすめです。

●30●目にも鮮やかな韓国宮廷料理の数々から、当時の医学状況までと様々な要素を含んだ「チャングムの誓い」は、いわゆる「歴史もの」「恋愛もの」の枠を超えた作品だと思います。キャストも実力派揃いで非常に見応えがあります。

「すれ違いの恋愛が多い韓国ドラマは苦手」「歴史ドラマは長いし難しそう」という方も、料理や医術といった様々な見所を備えたこのドラマには、おもわず夢中になってしまうのではないでしょうか。

実際に私のまわりでも、「韓国ドラマはちょっと……」という男性にも、この作品は大人気。「興味惹かれてついつい見てしまう」という人が沢山いました。まだ見ていないという方には、ぜひオススメしたい作品です。

●31●この作品は私が、韓流ドラマにはまった最初の作品です。とても長いドラマなのですが、どんどん引き込まれていって、最後終わるのが残念でなりませんでした。

この作品は主人公のチャングムが亡くなった母と同じ宮廷料理人になろうとする物語です。彼女の絶え間ぬ努力と、すぐれた才能で奮闘する様子や、人間関係に目が離せません。主人公は宮廷料理人から奴婢の身に落ちてしまうのですが、医女になり宮廷に戻ることになります。

その長い物語のなか、主人公の恋や友情のストーリーも加わり面白くなっています。彼女は主人公としては、凄い美人というわけではありませんが、目が離せません。韓流ドラマを見たことがない方には、ぜひ一度見て欲しい作品です。TVでも何度も再放送しているくらいですので、人気のある作品だと思います。

●32●韓国の時代劇ドラマです。料理人として、医女として腕を磨き、どんな困難にも立ち向かっていくチャングムは、丸顔の可愛い少女。ですが、可愛いながらも非常に凛々しく高潔な女性です。

前半は、料理シーンのテンポの良さ、宮廷料理の豪華さに目を奪われますが、後半はチャングムが医女として様々な人を助ける部分、宮廷の陰謀に立ち向かう姿が印象的。ラブロマンスの部分も、宮廷の力関係が複雑に絡み合い、二人に幸せになってほしい!と本気で願えるようなドキドキの展開が待っています。

また、脇を固める登場人物たちそれぞれのキャラクターも立っており、脇役の魅力も満点です。他の歴史ドラマに比べれば、派手な殺陣は少ないですが、その分登場人物たちの駆け引きの部分が非常に優れており、目が離せません。

●33●主人公のチャングムのひたむきさ、師弟愛、亡くなった母との約束など感動するシーンがたくさんあります。

このドラマを見るまでは韓流ドラマにあまりハマったことはなかったんですが、これは最初のほうの子役チャングムの演技からもう引き込まれました。歴史はよくわからなくても普通に楽しめると思います。

子役のチャングムの頃はけなげでかわいそうだけどがんばるチャングム、という感じなのですが大人のチャングム(イ・ヨンエさん)になってからはちょっとチャングムが勝手すぎたりしてあまり共感できない部分もあります。悪役のチェ一族の人たちもかわいそうで憎めないです。

●34●主人公のチャングムの少女時代を演じている子役の子が、芦田愛菜ちゃんを彷彿とさせるような涙を誘う迫真の演技だったので、いじめられてもいじめられてもひたむきにがんばっている姿に思わず胸が熱くなりました。

そんな一生懸命なチャングムの姿に、周りの人達の態度が少しずつ変わっていく様子も見ていて気持ち良かったです。

個人的には、チャングムとハン尚宮の関係がお気に入りです。厳しい中にも優しさのあるハン尚宮を慕うチャングムがとても可愛かったです。多くは語れませんが、ハン尚宮はチャングムの母親とも関係していて、物語が進むにつれてそのことについてもだんだんと明らかになっていきます。

そして、大人になってからも様々な困難がチャングムを襲います。本当に最後まで目が離せませんでした。まだ観ていない方にもぜひ観ていただきたい、おすすめしたいドラマです!

●35●チャングムの誓いはストーリーも一人の女性が苦労して努力が実り幸せをつかむというサクセスストーリーで面白いのですが、個人的には韓国の時代劇でもあるので韓国独特の風習や食べもの、時代衣装も魅力的で面白く見ていました。

特に、食に関してはチャングムが宮廷の女官で食事を担当していたので色々なエピソードが盛り込まれています。宮廷で王様に食べていただくものなので健康を意識したり、治療にまで及んでいたりします。

そのことが進んでチャングムは医者にまでなっていき周囲から認められていきます。女官や王様の時代衣装も色鮮やかで、日本の着物とはまた違った美しさの魅力を感じるドラマです。

●36●韓国料理好きのわたしにとってこれほど楽しめるドラマはありませんでした。今まで見たこともない韓国宮廷料理の美しさ、盛りつけ、食器に至るまで毎回レシピが出たらいいのになと思いながら見ていました。女官のチャングムの一途で一生懸命で、少し頑固なところに毎回ハラハラさせられます。

お母さんの恨みをはらす為に女官になったチャングムを助けてくれる人もいれば、ライバル視して足をひっぱる人もいて、中には命を奪おうとする人までいるのですが、どの人もかつての母親の友達だったり、かつけは仲良くしていた友達だったりするのでせつない気持ちにもなったりします。

そういう人間関係も楽しめて、さらにこのお話は2部構成になっていて、チャングムが1部では女官を目指し、2部は医官にを目指すのですが、両方とも料理と健康が至る所にちりばめられていて楽しめるのです。まさに医食同源のドラマでした。

当サイトからのニュース
全ての作品のページに「その他のおすすめ作品」というコーナーを設けました。同じカテゴリーの作品や、同じ年代層がよく見ている作品などを15個箇条書きにして並べています。(2013年2月25日更新)