ホーム > 韓国ドラマ > 冬のソナタ

冬のソナタ

冬のソナタのDVDパッケージ もはや説明は不要でしょう。韓流ブームの火付け役になった大ヒットドラマです。ヨン様ことペ・ヨンジュンさん、チェ・ジウさんのW主演になっています。このドラマでペ・ヨンジュンさんの日本での知名度が爆発的に上がりました。その人気の高さから日本でも異例の再放送が行われたり、アニメ化やパチンコ化もされています。
平均視聴率:20.9%

レビュー

韓流ブームに火をつけた作品です。この作品がNHKで放送されたことにより、主演のペ・ヨンジュンさん、チェ・ジウさんの日本での知名度が一気に急上昇しました。

ストーリーもかなり作り込まれていて、韓国ドラマには欠かせない純愛や複雑な三角関係、衝撃的な展開などはもちろんのこと、美しい自然の背景や演出にも凝っているので見ていて飽きのこない作品に仕上がっています。

その他のおすすめ作品

みんなの口コミ・評判(全25件・ネタバレ有り)

●1●冬のソナタは、チェジウやペヨンジュを日本国内で大フィーバーさせて、ついには社会現象を引き起こした、韓流ブームの火付け役と言っていいと思います。

NHKでスタートした、この韓国発のドラマですが、特に火がついた年代が年配の40.50.60代の女性で、韓国人の生真面目さと誠実さを感じさせる若者に共感を得て、昔の恋愛感覚やトキメキを呼び覚ますとして、国内でこのドラマから韓流ブームが始まる事となります。

はたや、男性陣にはそうも人気はなく、依然年配の女性にとにかく人気が止まらない韓流ブームなのです。チェジウのかいがいしさや、ペヨンジュの茶髪にメガネ姿もまたブームとなったのです。

●2●役者の人の演技が素晴らしいだけに、話の中身のなさが残念な作品です。登場人物の不幸をアピールするだけの必然性のない演出が多すぎて、話の筋が全く伝わってきませんでした。

ようするに何年か前に廃止された韓国の戸籍制度の不備と親の世代の性のだらしなさを描きたかったのでしょうか。登場人物の被害者ヅラと不幸に不幸をかぶせる演出がクドすぎて、見ていてウンザリしました。話題になっていたので一応は最終話まで拝見しましたが、繰り返し見たいとは思えませんでした。

シリーズだか関連作品もあるらしいのですが、全く興味がわきません。役者の人の演技はほんとうに素晴らしいので、ひまつぶしのためのエンタメ作品としては手頃なのではないかと思います。時間は有意義に使いたいものです。

●3●最近の日本のドラマではあまりない純愛がテーマになっていると思います。ヒットした要因としては、ぺ・ヨンジュンさん等の人気もあると思いますが、今の日本のほとんどのドラマと内容がバッティングしていなかったことがかなり大きいと思います。

全20話なので12話程度で完結する日本のドラマに比較すると長く、なかだるみする部分もあったのですが、全体を通じては楽しく観賞することができました。特に中高年の女性に人気が高かったと思いますが、日本のドラマで取り込めていない需要を見事に取り込んだ結果だと思います。

あと、総じて韓国の男性は体格が良いというのも、日本とは少し違うところで、差別化要因になっているのかなとも思いました。

●4●私の初めてみた韓国ドラマがこの『冬のソナタ』です。最近の韓国ドラマにはない、甘い恋心が描かれている作品だと感じます。次々と押し寄せる苦悩の末の結末は、涙がこぼれました。シナリオ本まで購入し、愛着のある韓国ドラマとなりました。

●5●日本でも大ヒットしたドラマです。ペ・ヨンジュン人気を決定付けたドラマでもあります。話題に乗り遅れまいと見てみたのですが、残念ながら良さが全く理解できませんでした。

もともとラブストーリー的な内容が苦手であるのに、見てしまったのが間違いでした。面白さが全く見出せずじまいです。チェ・ジウの美貌が、私にとって、はせめてもの慰めといったところでしょうか。

●6●私が韓国ドラマにはまるわけないと思っていました。冬のソナタが放送されていた時、私は23歳くらいでした。冬のソナタが話題になり始め、おばさまたちがはまっているとワイドショーで騒がれ始めた時、私は絶対はまらないと思っていたのです。

アルバイト先で先輩が、「冬のソナタを初めて見たけど、意外と続きがきになるんだよね」と話していて、嘘だと笑っていました。たまたまテレビをつけると放送しており、一回だけ見てみようかと思ったのですが、まさかの号泣。

昔のトレンディードラマのようなくさいセリフやあり得ない設定もありますが、俳優さん、声優さんがいいのか、不覚にも泣いてしまったんです。

2人をどうにか引き合わせたい、すんなりハッピーエンドかと思うと裏切られハラハラでした。気づけば周囲に勧めていました。

男性は笑いをこらえていましたが、女性は割と感情移入してました。私が観たのはこの冬のソナタだけなのですが(韓流にはまりすぎたくないので)ブームに火をつけただけのことはあります。

●7●母と2人ではまって見ていました。初韓国ドラマ視聴だったのですが、展開ドラマチックすぎて驚きました。(まるで大映テレビのドラマのよう)最終回のぺ・ヨンジュンとチェ・ジュの再会のシーンは母と共に涙を流して見ました。

●8●ぺ・ヨンジュン演じるミニョンの誠実さはこの作品の最大の魅力だと思います。彼が真摯であればあるほど互いに惹かれ合い傷ついていく様子は視聴者の心を強くひきつけます。見ている女性は彼のような男性像を求めてしまうのも無理はないと思います。ぺ・ヨンジュンの人気が爆発したのも頷けます。

正直に言えばラストは賛否両論だと思います。私はラストに映る二人の姿は切なくて哀しいように思えてしまいました。ただ彼らがそれで幸せなら…そう考えれば納得の最終回なのかもしれません。

●9●「言わずと知れた!」という感じの冬ソナですが、私がこのドラマを見たのはもうヨン様ブームからかなり経ってからのことです。正直言って最初は「ヨン様」や韓国ドラマに全く興味がなくて、なぜそれほど流行ってるのかわかりませんでした。

でも「ためしに一度見てみるか」と思い、見たらこのハラハラドキドキの展開に惹きつけられました。特に友達チェリンの策略にイライラしましたね。その分、彼女の本性がバレたときには「ざまあみろ」と思いましたが…。

あと、サンヒョクがちょっとしつこいのがいやでした。パク・ヨンハさんは嫌いではないのですが。ストーリーは遠回りだけど飽きさせない面白さです。

●10●誰もが知ってる、韓流ブームのきっかけとなった作品だけに、ストーリーもザ・韓流です。純粋に愛し合っている主人公2人に次々と誤解、悲劇、難題が降り掛かって…という内容が、20代の私にとっては少し古くさく感じてしまいました。

誤解や悲劇の度合いも重たいものが続くので、さすがにリアリティが無く入り込めませんだした。ただ、ファンの多さが物語っていますが、入り込めた人は涙が止まらないと思います。

●11●とにかく泣きました。女性の悩んだり迷ったりする気持ちや男性の愛する人のためにとる行動が、何とも言えませんでした。切ない気持ちになります。

実際にはありえない気もしますが、だからこそ、ドラマの中に引き込まれていきます。最終回は、男性が視力を失っていましたが、そんなことより会えて嬉しいという女性の気持ちが分かります。良いドラマでした。

●12●もうかなり古いドラマになりましたね。韓流ドラマの火付け役になったドラマでしたが、必ずしも女性ファンだけでなく、私のような男性でも楽しんで、毎回見ていた人は多かったはずです。

ヨン様ブームでしたが、私はジュウ姫ファンになりました。何とも可愛らしい二人の高校時代の姿は、日本の昭和の時代の映画のシーンにも似て親しみを覚えたものです。ドラマの面白さには、「すれ違い」と言うのがありますが、まさにすれ違いの連続のようなドラマでもありました。

現在のドラマつくりで、ハッピーエンドになるモノは少ないのですが、やはりハッピーエンドで終わるものが気持ち良く見れますね。再放送があるたびに、見ているドラマでもあります。

●13●私は韓流ドラマにはまった流れは他の人と少しちがいます。実はパチンコからなんです。ストーリーもわからない状態で打っていたんですが、演出から「このドラマおもしろそう」ということになりDVDを借りて見るようになりました。

日本のドラマにない純愛もの50を過ぎた私(男)でも心ときめくものがあります。年配の奥様たちがヨン様、ヨン様と言うのもわかります。ストーリーは、二転三転するものの最後はハッピーエンド。ツッコミどころも満載ではありますが日本人が忘れていた純愛を思い出させてくれるいいドラマだと思います。

●14●韓国ドラマをいくつか見たことがあるのですが、やはり冬のソナタが1番好きです。韓国ドラマは悪役やライバルが悪いイメージのまま終わることが多々有ります。

だけど、このドラマでヒロインのライバル役の女の子は、最後は主人公二人がうまく行くように後押しをしてくれます。きちんと各登場人物の良いところを表した素敵なドラマだと思います。

●15●韓流ドラマを語るなら、絶対にはずせないドラマです。日本のドラマには、何にもなびかなかった高齢の母が、お友達と共に、韓国まで旅行に行ってしまいました。

何よりも、風景が綺麗。雪の景色が生える、上手な撮り方だと思いました。お話は涙なしには見られません。また、パク・ヨンハさんが亡くなってしまったのが残念です。

●16●日本で最も有名な韓国ドラマのひとつであろう冬ソナはベタですが恋愛をしているときの胸がキュンとなる感覚を思い出させてくれる作品でした。謎の転校生としてやって来たチュンサン(ペ・ヨンジュン)とチュンサンに徐々に惹かれていくユジン(チェ・ジウ)の恋模様が大好きです。

最終回までには色々なことがありますが理解できないほど複雑なものではないので韓国ドラマの入門作品としてオススメです。

●17●ぺ・ヨンジュンがどんどん好きになってしまう作品です。そして三角関係もあり、切なくなってしまいます。もう少し作品が短くてもいいかなと思いますが、この作品がなければいまの韓流ブームは無かったかもしれませんね。

●18●もはやこの作品は韓国ドラマの中でも一番有名といっても過言ではありませんね。私自身も色々な思い出が詰まっているからということもあるかもしれませんが、ここまでストーリーが作りこまれた作品を今まで見たことがありません。

毎回展開が凄くて、最後にペ・ヨンジュンとチェ・ジウが演じるキャラが再開するシーンがあるのですが、思わず涙が出てしまいました。やっぱり韓国ドラマは冬ソナ無しでは語れません!

●19●冬のソナタを見たのは、凄く最近で、そんなに面白いの!?と最初は思っていました。ヨン様ってそんなにいいの!?とも思っていましたが、見ていくうちに、ハートを射抜かれました。ラブストーリーが凄く好きな私にとってドンピシャリなドラマでした。

少しくさい部分はあるけれども、ヨン様とチェ・ジウのコンビがいいのか、あまり気になりません。最後はチュンサンが失明をしてしまって、凄く切なくなってしまいましたが、ユジンと再会ができて、ホっとしました。最後までハラハラしたドラマでした。

●20●冬のソナタを見ると、自分の中の淡い恋の思い出がよみがえってくるような気がします。

その時々のユジン、サンヒョク、ミニョンそれぞれのストレートな気持ちを貫き通したいという思いと、今ある現実を見なければという思いは、多くの人が経験するものだと思いますので、ドラマを見ていて共感できると思います。たくさんの悲しい涙と嬉しい涙を流せるドラマだと思います。

●21●観ているうちにだんだんはまってしまいました。毎回観なければ 気が済まないほどです。特に主人公二人の役者ペ・ヨンジュンさんとチェ・ジウさんが大好きです。本当に感動を与えてくれた恋愛ストーリーです。涙を流しながら観ていた時も少なくありませんでした。

●22●言わずと知れた韓国ドラマの金字塔。好きだった人が事故で亡くなり、その人とよく似た人が現れ、恋に落ちる。さらに、実は兄弟で、結婚できない。なんともまぁ、ベタベタな話ですが、今の日本人にはこれが真っ直ぐに突き刺さり、純愛として評価されています。私もその一人なのですがね。

●23●冬のソナタにはまったのは最近です。遅過ぎますよね。でもあのあり得ない純愛な感じ、あり得ないストーリーの展開、いいなって思ってしまい多分10回は最初から最後まで観てます。たまに観たくなって、何日もかけて最後まで観てしまいます。

●24●最近音楽でもドラマでも俳優さんでも韓流ブームですよね。私が韓流ブームを感じたのは6年前くらいで冬のソナタが流行った頃です、性格な時期は覚えていませんが。まずハマったのは母親で騙されたと思って見てみ!面白いからと言われ一緒に見たのを覚えています。

最初はベタなドラマだなぁと思いつつ見てましたが、次第に惹かれて行きました。日本ちょっと昔のドラマを思い出すような気持ちでした。それからも数回韓国ドラマを見ました。最近は逆に韓流ドラマが多すぎてどれが面白いのかなーとかおすすめが分かりづらいです。母親に聞けばきっと教えてくれるのでしょうが。

●25●このドラマに最初にハマったわけではないのですが、このドラマがなかったら日本の韓流ブームもここまでじゃなかったと思いますし、私も一生韓国のドラマを見ずに生きていたかもしれません。

その影響を考えると私の中でも重要なドラマです。高校時代のチュンサンとユジンを主演の二人が演じるのはちょっと…と思いましたがまあ高校生に見ようと思えば見えるし、チェ・ジウも可愛いです。

それにあの高校時代の感じが何か自分の学生時代を思い出させるような、とても懐かしい感じのするドラマですね。それで主人公たちに感情移入しやすいのかもしれません。

当サイトからのニュース
全ての作品のページに「その他のおすすめ作品」というコーナーを設けました。同じカテゴリーの作品や、同じ年代層がよく見ている作品などを15個箇条書きにして並べています。(2013年2月25日更新)