ホーム > 日本ドラマ > 人気ランキング

人気ランキング

日本ドラマの人気ランキングをご紹介しているページです。

作品名 スコア カテゴリー コメント or 頂いた口コミ
HERO S 検事・推理 木村拓哉さん主演の正に「伝説のドラマ」です。全作を通じての平均視聴率がなんと34.2%というとんでもない数字をたたき出しました。

検事という新しいジャンルのドラマですが、主人公の型破りさや、随所に笑えるシーンがあるなど見ていて飽きることのない作品です。
龍馬伝 S 大河 2010年の目玉となったNHKの大河ドラマです。坂本龍馬の一生を描いています。
波乱の幕末を駆け抜けたヒーロー・坂本龍馬とその仲間達の熱い情熱を見事に表現したドラマに仕上がっています。
GOOD LUCK!! S 航空 木村拓哉さん主演の航空会社を舞台にしたドラマです。木村さん演じる主人公は副操縦士役として登場します。

キャビンアテンダントや整備士など様々な役が登場するほか、共演陣も豪華キャストが揃っています。
プロポーズ大作戦 S 恋愛 なんといってもストーリー・舞台設定が独特で面白いです。主人公が過去にタイムスリップしてヒロインと結婚する、という設定なのですが、タイムスリップする時期も毎回異なっていて楽しむことができます。
やまとなでしこ A 恋愛 松嶋菜々子さんと堤真一さんがW主演を務めるラブコメディです。既に人気女優・俳優として知られていた2人の主演に加えて、斬新なストーリーが話題を集めました。
救命病棟24時 A 医療 江口洋介・松嶋菜々子W主演の医療ドラマです。葛藤・対立や生命の現場を支えるスタッフたちの戦い、そして患者と家族の交流などを人間性豊かに描いています。
ごくせん A 学園・不良 森本梢子さんの漫画『ごくせん』をテレビドラマ化した、仲間由紀恵さん主演の学園ドラマです。

若手人気俳優をよく輩出していることから、若手俳優の登竜門とも言われています。
白い巨塔 A 医療 伝説の医療ドラマと言ってもいいのではないでしょうか。山崎豊子さんの代表作「白い巨塔」は30年以上前に一度ドラマ化されていますが、それを再度ドラマ化した作品です。半年にわたり放送され、どのストーリーも高視聴率を記録しました。
古畑任三郎 A 刑事・推理 推理を進めて犯人を解明するという一般的なストーリーではなく、先に犯人と犯罪シーンを見せておいて、そこから犯人をどう追い詰めるかという流れが斬新です。
Dr.コトー診療所 A 医療 離島での過酷な医療状況とともに、島でのゆったりとした時間の流れや人間関係が情緒豊かに描かれています。

また、都会から島にやってきた人の視点と島の人が外来者を見た視点が対照的に描かれているのも特徴的です。
TRICK
(トリック)
A 推理 仲間由紀恵さん主演のミステリー・推理ドラマです。随所随所に下ネタなどのギャグが散りばめられていて、ミステリーなのですが笑えるシーンも満載です。
花より男子 A 学園・恋愛 超金持ち名門高校に通う主人公の貧乏少女が、学園を牛耳る御曹司と繰り広げる恋愛友情ドラマです。

原作は同名の大ヒットコミックです。主人公牧野つくしを演じる井上真央さんの演技がシリアスかつコメディチックでとても楽しむことができます。
踊る大捜査線 B 刑事・推理 織田裕二さんが主演を務めているの連続テレビドラマです。その人気の高さからシリーズ化され映画・舞台で展開されています。さらにその後もテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られています。
プライド B スポーツ 木村拓哉さん主演のアイスホッケーを題材としたスポーツ&ラブストーリーです。

竹内結子さん・坂口憲二さん・市川染五郎さん・佐藤隆太さんらを揃えた豪華なキャストが注目を浴びました。
のだめカンタービレ B 音楽・恋愛 発行部数2000万部を超える大ヒット漫画を原作にした作品です。

主演の上野樹里さんと玉木宏さんのコンビネーションも抜群で、周りを取り巻くメンバー達の個性も豊かな作品です。
大奥 B 大河 2003年から2005年まで3年連続でシリーズが作成されています。

巧妙な駆け引きや陰謀・修羅場など見所がとても多く、繰り返し見ても飽きることのない名作大河ドラマです。
ナースのお仕事 B 医療・恋愛 主人公のドジなナース・朝倉いずみが成長していく姿を描いたもので、朝倉いずみを演じた観月ありさと指導役の先輩ナース・尾崎翔子を演じた松下由樹との掛け合いなどが人気となりました。
ウォーターボーイズ C スポーツ
学園
男子高校生がシンクロに挑む青春ドラマです。ドラマよりも前に映画が公開され、大ヒットしたことを受け、映画公開から2年後にドラマ化されました。
ホタルノヒカリ C 恋愛 主人公の雨宮蛍を演じている綾瀬はるかさんにとって、ホタルノヒカリが初となる単独での連続ドラマ主演作です。外では頑張る社会人、家では干物女・蛍の恋愛を描いています。
3年B組金八先生 C 学園 TBSが1979年以降約30年にわたって断続的に制作・放送している教育ドラマ・学園ドラマです。

主人公である坂本金八役の武田鉄矢の代表作でもあり、当たり役となりました。
to Heart C スポーツ
恋愛
KinKi Kidsの堂本剛さんと深田恭子さんのW主演ドラマです。究極の純愛「片思い」をテーマに、ボクシングに没頭する青年と、思い切り恋をして死にたいと願う女の子の純愛を描いています。
野ブタ。をプロデュース 学園 いじめられっ子の野ブタを、クラスの人気者の修二が救うという一見よくある学園ストーリーなのですが、徐々にそれぞれの立場が変わってくる様子がみていて面白かったです。

いじめられながらも自分に正直に生きる野ブタと、人気者でいるために自分にも周囲にも嘘をつく修二の対比の描き方がとても良かったと思います。
女王の教室 学園 主人公の女教師がとにかく怖く、始めはなんてひどいストーリーだと思って見ていました。しかし徐々に女教師の言動には深い意味があるとわかってきてからはストーリーに引き込まれました。

小学校が舞台のドラマでしたが、大人に向けたメッセージが多い良作という印象を受けました。
がんばっていきまっしょい スポーツ 同名の小説が原作の、高校のボート部を舞台にしたドラマ。主人公のボート部での奮闘ぶりを通じて、高校生の爽やかな夢、友情、恋愛を描いています。

自分も高校時代にボート部だったということもあり、ドラマの内容や登場人物に自分の思い出を重ね合わせて、懐かしくなったり、共感したりしながら視聴していました。

ただ、ボートの試合のシーンはやや現実味に欠けていた点が気になりましたが。でも、ボートはマイナーなスポーツなので、このドラマで取り上げてくれた事が本当に嬉しかったです。
相棒 刑事 最初は普通の刑事ドラマかと思ってそんなに期待をしていなかったのですが、脚本が本当に素晴らしく、よく出来ていてどんどん引き込まれていきました。

犯人を追い詰めていく水谷豊の冷静沈着な演技が毎回ぞくぞくしました。
勇者ヨシヒコと魔王の城 冒険 こんなにも毎週の放送が待ち遠しかったドラマはありませんでした。まじめな顔をして徹底的にコメディをするドラマが大好きなので、久しぶりに毎回笑える作品に出会いました。

ドラクエをモチーフにしたところもマニアにはたまらないシーンの連続でした。
カーネーション 連続テレビ小説 ファッションデザイナーのコシノ三姉妹の母親の小篠綾子がモチーフとなったドラマで主人公の糸子役の小野真千子が好演しました。

普段朝ドラなど見なかったのですがこれはついついそれこそ連続で見てしまいました。 戦争時代を体験して現代のちょっと前まで生きて本当に文字通り時代を駆け抜けた感じでした。
運命の人 サスペンス 山崎豊子を原作にしたドラマや映画は本当に面白いと思います。最新作の運命の人も実在の事件を基にしていたので、作品の重厚感が違います。

主演の本木雅弘の演技も素晴らしく、人間の隆盛が克明に描かれていて印象に凄い残りました。
ゲゲゲの女房 連続テレビ小説 水木しげるの奥さんの話ですが、水木しげるも主人公のような感じでした。

水木しげるは貧乏でなかなか売れないところで40歳をすぎてやっと売れ出す苦労人ですが、それがひょうひょうとなんとなく貧乏に悲壮感はありません。

意外とたくましくしなやかに生きている様子がえがかれ現在のデフレの時代に通じるとこもあるような気がしました。
妖怪人間ベム 実写ドラマ 最初はあの原作のベムを亀梨くんがやるなんて…とちょっとバカにしていたのですが、懐かしく切ない感じの音楽と、亀梨君のベムの怪しい美しさがマッチしていてとてもいい作品になっていました。

脚本も色々考えさせられる内容になっていて、子供も真剣に見ていました。
僕とスターの99日 ラブストーリー 私は韓国ドラマはよく見るのですがキム・テヒさんはあまり知りませんでした。最初は「なんかつまんないドラマだなと思いながら見ていましたが、佐々木蔵之介さんの演技が面白くてついついハマっていました。気軽に見れるラブストーリーです。
少女に何が起ったか シンデレラストーリー 小泉今日子が主人公のドラマでしたが、いじめのシーンが多かった印象があります。いじめ役が賀来千賀子と高木美保で小憎たらしいセリフも多かったと思います。

それでも主人公は負けず嫌いで強く立ち向かっていたと思います。80年代らしいドラマで服装や髪型も時代を感じます。
11人もいる! ホームドラマ クドカン作品ということで最初から期待して見ました。

最初は「クドカンにしてはイマイチ」と思いましたが、回を重ねていくうちにどんどんカオスな展開になってきて、「これでこそクドカンだよね」と爆笑していました。

神木隆之介くんは子役としてしか見たことがなかったので、このドラマでは過激なシーンが多くちょっとびっくりしました。コメディなのでいやらしい感じはなかったですが、役柄としてはちょっとびっくりでした。

ソアラ役の女の子が、「こういう子いるいる」という感じのビジュアルでした。ちょっと主人公の相手役としてはどうなの?と思いましたが段々かわいく見えてきました。サムさんもいいキャラしてて大好きでした。

私は大好きなドラマでした。大人計画感が満載で、演劇を見ているのに近いような感覚になりました。神木くんの演技もよかったですが、星野源さんの演技がとても好きでした。話のテンポも良くて、さすが工藤官九郎の脚本だなぁと思いました。
天体観測 友情・恋愛 大学の天文サークルのメンバーの、大学卒業後の生活を描いたドラマ。

もともと私が大好きなアーティストのBUMP OF CHICKENの楽曲が多数使われているという事がきっかけで見るようになったドラマでしたが、内容は非常に見ごたえがありました。

25歳になり人生の様々な岐路にさしかかった若者達の苦悩が描かれています。

BUMP OF CHICKENの楽曲もあいまってか、見ていて切ない思いをする事も多かったです。

このドラマの登場人物たちとさほど年齢が変わらなかった当時の私には、自分の生き方を問いかけられるような存在のドラマでした。それでも最終回には希望のある内容で、自分の将来に対して前向きな気持ちにさせてくれた事が印象的でした。
リーガル・ハイ 弁護士 久しぶりに、私の中でハマっているドラマです。主演の堺雅人さんが大好きなのですが、堺さんの演じる古美門研介がハイテンションでとにかく面白いです。

ドラマの内容は色々考えさせられる点もあり、ちょっとシリアスなところもありますが物語のテンポもとてもいいので楽しく観ることができます。凄くおすすめです。
結婚できない男 恋愛・コメディ 主人公の男が、仕事が忙しく時間がないにも関わらず、キッチンの掃除に延々はまるシーンが大好きです。

私にもこういう、「今こんな事してる場合じゃない!」のに、という時があるので、何度見てもおかしくて、笑ってしまいます。
最後から二番目の恋 恋愛 今までになかった大人のドラマです。キョンキョンと中井貴一の掛け合いが、おもしろすぎて毎回笑ってました。

大人だって、ときめくし、淋しい。なんだか歳をとるのもわるくないなーと思えたドラマです。冬の鎌倉もこのドラマの舞台としてぴったりでした。
ハングリー 料理 向井くんのファンなので見始めました。荒っぽい向井くんも素敵でした。何よりもお料理が最高に美味しそう!

ストーリーもテンポよく進んでいくので、あっという間に進んでいきます。私もイケメン料理人に胃袋を掴まれてみたいです。

ク向井理さんのフランス料理店のドラマです。あの男前が、あんな美味しそうな料理を作れるなんて!それだけで、実際あのお店に行きたくなります。

放送で出てくる料理はどれも本当においしそうでした。私も、人が幸せになれる料理を作りたいです。

どのキャストもいい味を出していて、話も面白く夢中になり見れました。中だるみがなくて、どの話もどきどきできます。

特に稲垣さんの演技は感激です。最後の終わり方もよく、いずれ続編が出てくれればいいなと思っています。

毎回美味しそうなお料理が出てきて、お腹が空きました。ストーリーは面白いのですが、主人公の向井理さんがハンサムすぎてややミスマッチだったような気もします。もう少しワイルドさがあり俳優さんが良かったかもしれません。
水戸黄門 時代劇 子どもの頃はおじいさんと見ていて、今は子どもと見ていて、勧善懲悪のおはなしなので、誰とでも安心して見ることができて好きです。

再放送していると、いつの間にかチャンネルを合わせています。やっぱり最後の「この紋所が~」がいいです。
官僚たちの夏 政治経済 高度成長期を題材にしたドラマですが、男達のドラマが熱くてとても良い作品でした。出演者も豪華俳優陣で、みなさんそれぞれはまり役でしたね。

あの頃のように日本を良くしていこう、世界に日本の名を轟かせようと奮闘していたそんな気持ちを、このドラマで思い出したような気がします。
Answer~警視庁検証捜査官 刑事 「とりあえず1話だけ見てみよう」と思い、先週見てみました。正直、そんなに期待してなかったのですが、オープニングから意表をつかれ、引き込まれました。

警察の謝罪会見で淡々と謝罪を述べておいて、「次は私の見解を」と言って、本音を話す。凄くかっこよかったです!事件も意外性があります!
anego~アネゴ~ 恋愛・仕事 anegoは赤西仁と篠原涼子が出ているドラマで、社内恋愛の話です。年上の女性が年下の男性に惹かれていく単純なドラマのようですが、仕事ができる女性の悩みや、仕事のできない男性の悩み、不倫にハマりたくなくてもハマっていく女性など色々盛りだくさんで、見ていて面白かったです。
ザ・クイズショウ クイズ・サスペンス ザ・クイズショウはミリオネアのような形式で問題を出していくドラマです。しかしその裏には、出演する人には何かしらの問題がある人で、出題する問題が答えたくないような問題だったりします。

問題を出す司会、主人公が記憶喪失でその記憶をたどるために必要な人たちが出演者として集められています。最終回まで見ていてドキドキしていました。凄く面白いです。

嵐の櫻井君が主演していたドラマとして有名ですが、同じ設定でラーメンズの片桐仁さんが主人公のMC役をしていました。

深夜帯からプライムタイムへ移行してのリメイクなので、演出も派手になり、出演者も豪華になっていて面白かったです。
サトラレ 医療 サトラレは自分が考えていることが、全て周りの人に悟られてしまう人物ですが、本人には知られないようにサトラレ委員会という人たちが守っています。

最初は単純に周りに迷惑をかけてばかりでしたが、周りとの信頼性や愛を感じるドラマでとても暖かい気持ちになれました。
青の時代 友情・恋愛 アイドル色の強い印象だったのですが、実際に鑑賞してみると、その内容の重さやシリアスさに驚かされたドラマです。

終始、緊張感のある流れと、その流れの中で恋愛感情をむき出しにした演出等、素晴らしいと感じました。ラストも印象的な終わり方で、何年経っても覚えているドラマです。
あぶない刑事 刑事 私の年代で刑事物ドラマと言えば、この作品になります。毎週欠かさずに観ていたドラマで、再放送の時でも必ず観ていました。

主演2人のコンビ感は最高ですが、その周りを支えるキャスト陣も非常に素晴らしいドラマです。今では、どの方も実力派俳優として活躍しているので、今、振り返ってみると凄いドラマだったのだと実感します。
SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~ 刑事 推理ドラマとしての要素もありつつ、ドラマの内容とは全く関係のないパロディーや小ネタが所々にちりばめられており、最後まで飽きずに観ることができると思います。

特殊能力(SPEC)を持った犯罪者たちが、能力を使うためにちょっと変なポーズをしたりするところも良かったです。
夢をかなえるゾウ 恋愛 水川あさみさん主演の深夜枠のドラマだったと思うのですが、おもしろかったです。毎回毎回課題があって、それを実践すると…というお話だったんですが、話の展開が新しくて興味深かったですし、課題の中身も参考になるものばかりでした。古田新太さんの神様役もハマってて良かったです。
ラッキーセブン 探偵 元々松本潤さんが主演という事で、ジャニーズ系かと敬遠していた人もいるかと思いますが、周りを固めたキャストも個性派が揃っていい味を出していました。

ストーリーも1クールの間に意図的に山場を作っていたのが好印象です。ぜひ、きっちり最後まで通して見てもらいたい作品です。

松本潤くん主演なので見てみました。ドラマの情報は何も知らず、ただ「松本潤が出てる」というだけで見始めたドラマ。

恋愛ものなのかと思っていたら、探偵さんのお話でした。瑛太さんと松本潤くんの掛け合いが、見ていておもしろかったです!

かなり豪華なメンバーが集まったなという感じでした。大泉洋の役がとても良い感じで、大泉洋目当てで毎週見ていたと言っても過言ではないです。

松本潤の演技もかなり成長していて役者としてもちゃんと見れるなという感じでした。
家政婦のミタ 家族 松嶋菜々子さんが久々に連ドラ主演と言うことでしたが、特にファンでもなかったし内容も特に期待せずになんとなく初回テレビをつけてみました。

でもミタさんのあまりのキャラクターについつい釘付け!結局毎週楽しみに見るドラマになりました。

最初はこれほどまでに人気のドラマになるとは思っても見ませんでした。かなりケレン味のある大げさな演技や、社会問題を誇張した演出がちょっと受け付けなかったのですが、謎が解明されていく過程は面白く、最後にはもうどっぷりファンになっていました。

名前からの印象で「家政婦は見た」シリーズのパロディかと思いきや、いまどき珍しい原作もない、脚本がオリジナルのドラマです。

視聴率40パーセントをたたき出したドラマで、家族ドラマを描いたものです。松嶋菜々子演じる愛想のない家政婦ミタさんが放つ的確な発言は、見る者を圧倒し、なるほどなとうなずける場面がたくさんありました。

長谷川博己さんはこのドラマで初めて知ったのですが、情けないお父さんをうまく演じていたと思います。

序盤の、次々と明るみに出る阿須田恵一のクズっぷりには大いに笑わせてもらいました。でもどこか人間らしくてリアルでした。

最初は家政婦は見たのパロディかと思うタイトルで驚かされましたが、始まると高視聴率のドラマになりました。

タイトルとは打って変わってわりと重いテーマで悲しい過去をもつ松嶋菜々子演じるミタですが、冷徹で奇妙なキャラクターの不自然さが受けたのかもしれません。最後はハッピーエンドでよかったと思います。

平泉成さん演じる怖いおじいちゃんが「ナリ」と話すようになるなどの小ネタも面白かったし、相武紗季さんの「うららちゃん」も最初はあまり必要ないような気がしましたが、なかなか面白いキャラクターだったと思います。
渡る世間は鬼ばかり 家族 子どもの頃は母親が見ているのを「なんでこんなものが面白いんだろう。家族や嫁姑がケンカしてるばかりのドラマなのに」と思っていましたが年を取ると本当に登場人物が自分の親戚か何かのようでいちいち怒ったり笑ったりしながら見るようになりました。

長年にわたり放映された家庭ドラマで、橋田寿賀子脚本の代表作です。

よくある日本の家庭、家族を描いていてそれぞれの立場や葛藤などの心理を描き共感を得ていたと思います。えなりかずきが子供から大人になるまで出演して本当にある一家族の生涯を見ているようなドラマでした。
愛しあってるかい! 学園・恋愛 オープニングテーマ曲が非常に印象的だったドラマです。ノリが軽い感じが非常に観やすくて面白かった印象が強く残っています。

当時は、まだ子供で恋愛というものがよく分からなかったのですが、何だかドタバタコメディみたいな雰囲気が凄く好きでした。
愛していると言ってくれ ヒューマン 号泣したドラマです。私の中では名作中の名作のドラマで何度も鑑賞しました。切なさもあり温かさもあり人の強さというものを学んだドラマでした。

主演2人の実力が非常に発揮されているドラマという印象もあります。後世に残したいと感じた最高傑作です。
三毛猫ホームズの推理 ミステリー 嵐の相葉くん主演なので見てみました。なんだか、作品の中の「少し頼りない感じの相葉君」が、イメージと合っていて、すんなり見ることができました。

そして1番良かったのが、マツコデラックスさん演じるネコ。ユニークな発想に笑ってしまいましたが、好きです、あの役!
マルモのおきて 家族 このドラマを一番ひっぱっていたのはやはり阿部サダヲさんだったと思います。主題歌の方が有名になってしまいましたが、犬が話すという独特の設定を上手く面白く演じられていたのは阿部さんでした。

彼の演技が無かったらこれほどまでの人気は出なかったと思います。

話題になっていたドラマですが裏番組のほうを見ていたので全然見ていませんでした。あとから再放送が集中であったのでそれを見ました。

子どもも一緒に夢中になって見ていました。子役の二人が演技が上手ですね。ラストはちょっと納得できませんでした

裏番組のドラマを見ていたので、このドラマが話題になっても全然見る気がなかったのですが再放送で見てみたらやはり面白いですね。でも最終的には子どもたちは母親と一緒に暮らすと思っていたのでちょっと拍子抜けでした。
家なき子 ヒューマン 安達祐実の代表作で「同情するなら金をくれ」という有名なセリフを生んだドラマです。貧乏な役どころですが、今と違ってバブル後半の時代で貧乏な主人公がドラマの特殊な役のように思いました。

現在ならもっと多く貧乏な人がいるようでクローズアップされていないと思いますがバブルの時代だったからこそ、この貧乏な主人公が際立っていたのだと思います。

主人公の有名なせりふが流行ったドラマです。本当にこんなに孤独な小学生がいるものなのか、と半信半疑ながら見ていました。

周りの少数の大人に助けられながら、自分一人で道を切り開いていく姿には感動をもらいました。
神様、もう少しだけ 恋愛 若い子にエイズという病気を知るきっかけになったドラマだと思います。

安易な性交渉が一生を左右させるという怖さを今の若い人たちにも知ってもらうためにも、恋愛模様も描かれた見易いこのドラマをおすすめしたいです。
お金がない! 家族 主演2人のやり取りが凄くよかったドラマです。中々、他のドラマでは観ることが出来ない独特の雰囲気を持った世界観で面白かったです。

序盤は、少しおちゃらけた感じで、ラストに向かって段々とシリアスになっていく脚本が良かったです。
王様のレストラン 食・人情 上質なドラマというものは、この王様のレストランのようなドラマのことを言うのかな、感じた素晴らしいドラマでした。

笑いもありながら、ほっこりとさせる演出や芯の通ったストーリーは凄いの一言です。一週間が待ち遠しいと思うほど楽しめたドラマです。

店の経営が危ういフレンチレストランを、松本幸四郎演じる伝説のギャルソンが機転を働かせて、仲間の従業員たちとともに立て直していく様子が、とても爽快でした。

松本幸四郎が連続ドラマに出演しているのも珍しいです。こんなフレンチレストランが実際にあったら、ぜひいってみたいですね。
JIN-仁- 歴史・医療 面白かったです。マンガよりもドラマの方が良かったかもしれません。大沢たかおさんの主人公がとてもスマートで、いろんな主人公の葛藤や苦しみがとても綺麗に演じられていて好感を持ちました。話も面白くて続編をやってほしいくらいです。

このドラマは名作です!まず、あの設定に引き込まれます。独特の世界観と、新しい発想。毎回「よくこんなこと思いつくな~!」と感心しながら主人と見てました。

そして、大沢たかおと綾瀬はるかの絶妙な距離感の演技も見ていてキュンとします。

JINは最初の時に見ていてすごく好きなドラマだったので、2も楽しみにしていました。しかし内容がちょっと歴史嫌いな私にはわかりにくいところがあって、あまり入り込めませんでした。私はどちらかというと1のほうが好きですね。
恋におちたら~僕の成功の秘密~ ビジネス ちょっと前に見たドラマなのですが、とても印象的で個人的に大好きなドラマです。堤真一さん演じる高柳社長が最終話でかっこよすぎたことを今でも覚えています。

主演はSMAPの草なぎさんです。さすがの演技のうまさで、今回の役は明るい・素朴キャラから冷徹キャラへ、そしてまた明るいキャラって変わっていったのですが、どれもまるで別人なんじゃないかってくらい演じ分けていました。

個人的に全話の中で1番感動したシーンはやっぱり、高柳社長に反発してフロンティアを買収した島男(草なぎさん)がロイドの桜庭の策略にはまって、代表取締役をやめさせられた(=退社)あと、色々あって、島男と高柳が組んで六本木ヒルズを2人で見上げているシーンです。その後同じくフロンティアをやめた元取締役の神谷(谷原章介さん)が「僕もいますよ」と加わって3人で見上げるところも最高でした。

次点はまだフロンティアが買収される前に神谷と島男が2人の仕事で失敗したときに高柳社長が神谷と島男に「お前(島男)のやり方では、この世界では生きていけない。鈴木島男。お前は決定的に間違っている。そうだろ?神谷」と言った後、今まで島男にイジワルをしてきた神谷が「私は、こいつは間違っていないと思います。鈴木島男は、間違っていなかったと思います。」って言ったシーンです。神谷さんかっこよかったです。

あとはあとは…って言ってくとホントキリがないほどいいシーンばかり。最終話の最後、フロンティア新入社員が高柳社長にどっかの町工場みたいなとこが…ってくだりも最高でした。

なんか長文になってしまいましたね…。本作を見てない方には全然わからない話題で申し訳ないですが、本当に面白いのでぜひご覧になってみて下さい。

当サイトからのニュース
全ての作品のページに「その他のおすすめ作品」というコーナーを設けました。同じカテゴリーの作品や、同じ年代層がよく見ている作品などを15個箇条書きにして並べています。(2013年2月25日更新)